退職金も人事給与システムが便利

人事給与システムを活用することで、役員や社員だけでなくパートやアルバイトなど全ての雇用形態に対応することが可能です。計算内容が異なるグループや給与形態を複数設定できるだけでなく、その体系ごとに計算ロジックや計算項目、締め支払日や明細書の印字位置も設定することができます。それによって給与規定の変更や、計算項目の修正などにも柔軟に対応することができ、項目の設定から計算ロジックへ至るまでの設定内容を履歴管理しているので、事前の登録及び検証も行うことができます。さらに子会社や関連法人にも対応しています。さらに一時金や引当金、退職金などの計算処理や、会計システムの人件費の仕訳処理、損害保険や生命保険のデータも一括管理することができる、サブプライム群も用意されているので、便利なツールとなっています。

人事給与システムで退職金を計算してみます

退職金の金額算出は経理部門においても、手間がかかる作業となります。しかし人事給与システムで退職金の算出を行えば、簡単に金額を出すことができるのです。システムによって勤続年数の計算方式と役職や資格を考慮した在級年数のポイント制による計算方法があり、勤続年数方式は、勤続年数ごとに区別されている支給率を退職理由ごとに設定が可能です。会社都合、自己都合だけでなく、3種類以上の支給率テーブルで自由に作成可能です。そして算出された退職金を、勤続年数といった人事情報に基づいて住民税や退職所得税の法定控除をします。決定した金額は退職金計算書としてプリントアウトできるので、本人へそのまま配布することもできます。またその他控除やその他支給も設定ができるだけでなく、給与分住民税の残額を一括徴収することもできます。

人事給与システムを活用して退職金の処理も簡単に

人事給与システムの活用によって、面倒な退職金の管理も簡単に行うことができますが、さらに退職金の管理に特化した管理システムも提供されています。退職金の管理は従来の方法では、人事給与システムを使いやすくカスタマイズし、それぞれの担当者がパソコンの計算式を使い分けることで行ってきましたが、退職金制度の改正の度に、人事給与システムの変更や、計算式の変更などが発生していました。しかし退職金の管理に特化したシステムでは、人事給与システムをカスタマイズするよりも短納期で更に低コストで導入が可能です。退職金の計算や給料の累計管理だけでなく、退職金の試算も簡単に行うことができます。確定拠出年金を併用する場合でも、委託先企業に必要なデータを提出するインターフェース機能も提供されています。