人事給与システムの退職金の処理法を解説

大企業や中小企業において従業員をたくさん抱えるようになると給与の計算や人事面の管理などに膨大な時間が掛かります。経理や人事の業務をより効率化するために、導入したいのが人事給与システムです。このソフトやシステムではクラウドの利用やサポートが充実しており、大企業はこぞって利用しています。給与処理のなかで退職金についても問題を多く含んでおり、人事給与システムで一括管理することで、問題を解決できます。退職金はポイント方式や最終給与比例算定方式などの計算方法があります。この計算式が退職金管理システムによって管理されることで、どの年代の勤続年数の退職者がいても算出が容易になります。退職金の計算は所得税と住民税をマイナスするという作業も必要です。人事給与システムを利用し、間違いやすい金額も適切な退職金管理を行うことができます。

人事給与システムで退職金管理を行う仕組み

昔は給与の計算も手計算されていましたが、最近は様々なシステムが利用されて効率よく作業可能になっています。人事給与システムは人事と給与を一元的に管理ができ、今までの無駄を減らしたシステムになります。更に退職金管理は一般的な退職金の計算式といわれる最終給与比例算定方式では、退職時に基礎給与に勤続年数や退職事由別の係数をかけて計算されます。評価時点が退職時のみになるので、退職する時の給与が同じだと昇給ペースが異なっている場合にも反映されないこと、評価基準が勤続年数のみで会社への貢献度が高い人は損をしてしまうシステムです。ポイント方式は職能資格、勤続年数などに対応して定めている箇所をもとにし、退職金額を計算します。こうした計算が退職管理で常に把握できます。また所得税と税金を差し引く際に退職金に掛かる税金は総額ではなく退職金控除、二分の一課税により計算した金額をしっかり計算する必要があります。

退職金管理もできる人事給与システムの利点

従業員数の多い企業では人事情報と給与情報が多い為、あちこちで管理すると検索や抽出、出力に時間が掛かってしまうことがありました。そこで情報を一元的に管理する人事給与システムを導入することで、分析も簡単になり、作業の効率化も図れます。そうすることで企業自体のレベルアップにも繋がります。従業員が資格を取得した、結婚して苗字が変わった場合の人事データに変更の必要があります。こうした場合に、一元化されているデータにひとつ変更を加えるだけで一括に変更が可能です。また企業内に必要な人材を社内のデータベースで検索し、異動ということで人材の能力発揮にも貢献します。さらに複雑な退職金の計算も簡単にでき、そこに必要な税金についての計算、労働保険の年度申告や健康保険、厚生年金保険被保険者賞与支払届や算定基礎届などの行政手続きも電子手続きで一括して申請を行うことができます。