人事給与システムでラクラク退職金計算

事業規模が拡大するのに伴って、正社員、パート、アルバイトなど、さまざまな勤務体系の人員が増えて、給与計算をするのが煩雑になります。入力を行うだけではなく、計算結果をチェックする作業も複雑になり、ミスが発生する可能性も高まります。給与は締め日から支払日までの期間が短いため、給与計算業務は集中する傾向にあります。そのため、負担も増えてミスも多くなりがちです。各種手当や保険料、控除項目の計算や残業代などの割り増し賃金の計算や、従業員の営業成績に応じたインセンティブ金額の算出、退職金の計算、税率変更など、法改正に対応していかなければならないなど、業務負担は増える一方です。このように、給与計算に関しては、さまざまな課題や問題点があります。これらのミスや給与計算の負担を軽減するために、人事給与システムを導入することが多くのメリットをもたらします。

人事給与システムの導入で退職金計算が楽になる

人事給与システムを導入することによって、計算業務の負担が軽減できます。従業員の社会保険や、有給休暇などの情報が自動で更新されるようになります。そのため、手入力の時に起こりがちな更新漏れが起こらなくなります。過去に入力した情報の履歴の管理も行うことができるため、過去の情報をいつでも閲覧することができます。また、将来的に処理すべき情報も事前登録が可能なため、税金の納付額などもあらかじめ処理しておくことができます。退職金を支給する場合や、控除に関する項目の計算方法をあらかじめ設定することが可能です。計算式は単純な四則計算だけでなく、指定した桁数の端数処理や条件式の設定なども可能です。明細書のフォーマットも自由に行うことができます。役職に応じてシステム閲覧や利用できる権限レベルを設定しておくことが可能です。

人事給与システム導入が退職金計算にもたらすメリット

退職金の計算には、通常の給与計算業務に加えて煩雑な計算業務が必要となります。人事給与システムを導入することによって、所得税や雇用保険料の計算などを自動化することができ、給与計算を行う手間や負担を減らすことができます。明細書を印刷したり封入するシステムを連動させたり、電子メールやウェブで明細書を配信できれば、人事の業務負担は軽くなります。従業員の情報の自動更新や、各種条件も自動で判断する機能を使用することで、処理漏れなどの人的ミスを防ぐことができます。給与計算は法改正の影響を受けやすいため、手作業で法改正があるたびに税率変更の計算を行っているとミスが起こりがちです。人事給与システムを導入していれば、法改正があってもそれに合わせてアップデートされるため、対応漏れや計算ミスが防げます。

1993年から会計・人事給与に特化した業務パッケージです。 債権・債務や固定資産の管理まで一元化を会計システムで管理します。 飲食店から医療・福祉まで幅広い導入事例をご紹介しております。様々な課題に対する現場の生の声をまとめたホワイトペーパーを各種掲載しております。 業務効率化をサポートするため人事給与の学校法人版では様々な制度に対応しています。 人事給与システム退職金はZeeN